PR:試験対策にクラムメディアのWeb問題集

2005年09月20日

CASE(Computer Aided Software Engineering)

CASE(Computer Aided Software Engineering)は、コンピュータ支援によるソフトウェア工学を意味する。この概念井基づくソフトウェア開発ツールをCASEツールという。上流工程から下流工程までのCASEによる一連の成果物を管理するデータベースのことを、リポジトリという。

システムを構成するデータの所在を、ファイル仕様、プログラム間の関連といったメタデータを集積するディクショナリと、データベース構造に関連する情報を蓄積するディレクトリおよび成果物データベースから構成されている。


posted by GETCCNA at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報処理試験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。