PR:試験対策にクラムメディアのWeb問題集

2005年07月11日

ワイルドカードマスク

ワイルドカード【wildcard-mask】について

アクセスリストを作成するとき、すべてのホストをひとつひとつ登録していては、リストが長くなり、処理に時間がかかる。

そこで、ワイルドカードマスクを使ってIPアドレスをグループ化して条件として指定します。

ワイルドカードマスクは、「」の部分をチェックして「」の部分を無視する。

例1:特定のホストアドレスの指定

   192.168.1.5 0.0.0.0

  またはhostキーワードを利用して

   host 192.168.1.5

として指定する。

例1:すべてのアドレスを指定

   0.0.0.0 255.255.255.255

ワイルドカードマスクがすべて「1」なのでIPアドレス部分は何を指定してもかまわないが、一般的には「0.0.0.0」を使用する。

  またはanyキーワードを利用して

   any

とキーワードだけ指定する。

例1:サブネットワークの指定

サブネットワークを指定する場合、サブネットマスクを反転させれば、ワイルドカードマスクになる。

   192.168.1.0 255.255.255.0

の場合、サブネットマスクを反転させ

   192.168.1.0 0.0.0.255

とする。


posted by GETCCNA at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | CCNA用語【ら〜ろ、わ】

2005年04月07日

ループバックインターフェイス

ループバックインターフェイス【Loopback Interface】

ルータに設定出来る論理インターフェイス。物理インターフェイスと違い、ダウンしない。一番有名なループバックは、自分自身を表すローカルホスト「127.0.0.1」だと思います。

ループバックインターフェイスは、OSPFにおいて、重要な役割をします。OSPFは、ルータにIDをつけて管理します。このIDのことをルータID(RID)といいます。ルータIDは、ループバックインターフェイスが設定されていれば、ループバックインターフェイスで一番大きな値をルータIDとします。

もし、ループバックインターフェイスをルータに設定していなくて明示的にルータIDを指定していない場合、ルータIDは物理インターフェイスのIPアドレスをルータIDとします。

物理インターフェイスがダウンすると、DRやBDRの再選出を実行する必要があります。すぐに復旧すればいいのでしょうが、アップとダウンを繰り返してしまうフラッピングリンクの場合、コンバージェンスが終了せず、大問題になってしまいます。

ループバックインターフェイスは、物理インターフェイスと違い、ダウンしない論理的なインターフェイスなので、OSPFを利用する場合は、ループバックインターフェイスを設定するように推奨されているわけです。


posted by GETCCNA at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | CCNA用語【ら〜ろ、わ】

2005年02月01日

ルーティングループ

コンバージェンスに時間がかかるとルーティングループが起こりやすいです。 ディスタンスベクタ型で説明したネットワーク図を使ってルーティングループが発生する仕組みを説明します。

まず、それぞれのルータはすでにコンバージェンスが終了しています。



ここで、「10.1.0.0」のネットワークがダウンしたとします。すると、ルータAのルーティングテーブルから10.1.0.0のエントリが削除されます。



ここで、ルータAが10.1.0.0のネットワークがダウンしたことをルータBに伝えればいいのですが、ルータBからアップデートが届いた場合、ルータAはルータBからの10.1.0.0のネットワークがe1の方向にある学習してしまいます。



次にルータAがアップデートを送信します。このとき、10.1.0.0がダウンしたことを知らせるのではなく、ルータBから間違って学習した10.1.0.0のネットワークの情報を送ります。 ルータBは、ルータAから届いたアップデータを10.1.0.0の経路が変更されたと思い、メトリック(距離)を3に更新します。



ルータBのアップデートが送信されると今度は、ルータAが10.1.0.0のメトリック(距離)に変更があったと解釈して、メトリックを4に変更します。



このように、同様の処理が繰り返されてしまいます。この状態のことをルーティングループといいます。このルーティングループを回避する方法として、最大値の定義、スプリットホライズン、ルートポイズニング、ポイズンリバース、トリガードアップデート、ホールドダウンタイマなどがあります。続きを読む

posted by GETCCNA at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | CCNA用語【ら〜ろ、わ】

ルートポイズニング

リンク(ネットワーク)の障害を発見したルータがホップ数(距離)を最大値に設定します。これにより、矛盾するアップデートによるルーティングループが回避します。ちなみに、ルートポイズニングを受け取った隣接のルータはポイズンリバースと呼ばれる更新を返します。これらにより、ディスタンスベクタ型のネットワークの信頼性が高まり、ネットワークループをとめることができる。続きを読む

posted by GETCCNA at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | CCNA用語【ら〜ろ、わ】

2005年01月19日

ルーテッドプロトコル

ルーティッドプロトコル[routed protocol]

ルーティッドプロトコルとは、ルーティングテーブルを利用するプロトコルで、IP、IPX、Appletalkなどがあります。



関連用語
IP
IPX
Appletalk
続きを読む

posted by GETCCNA at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | CCNA用語【ら〜ろ、わ】

ルーティングプロトコル

ルーティングプロトコル[routing protocol]

ルーティングプロトコルとは、ルーティングテーブルを動的に作成、維持するためのプロトコルで、RIP、BGP、IXPRIP、RTMPなどがあります。

関連用語
RIP
BGP
IPXRIP
RTMP
続きを読む

posted by GETCCNA at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | CCNA用語【ら〜ろ、わ】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。